企業看護師のデメリットってなに?

企業看護師の求人、メリット・デメリットは?

希望する看護師資格を取得した後、病院等の勤務を経て転職を 考える場合、これまでの勤務と全く違う場面に直面し 戸惑うこともあると思います。 企業看護師の仕事は、求人があったとしてもごく少数でしたので、 以前はあまり見られませんでした。 ですが、社員の健康管理やメンタルケアを推進する企業が増えて きたため、看護師や助産師の求人数も増えてきています。 看護師が企業で働く場合、これまでの病院勤務とは仕事内容も 職場の雰囲気も全く異なります。 どのようなメリット・デメリットがあるのかよく確認してから、 転職をすすめるようにしましょう。

病院勤務の看護師があげる職場のデメリットは、 「勤務時間が不規則なこと」と「体力的に無理がある」という点で、 転職を考える理由として常に上位に挙げられています。 企業看護師の場合、デメリットとして「患者さんと直接関わる 機会がなくなる」ことで、仕事に戸惑いを感じたり、 「これまでの職務との違いに悩みが生じる」ことが挙げられます。

企業看護師は、一人または少人数で、多くの従業員を幅広く 担当することになります。 企業の業種によっては、大けがを負うような緊急事態がおこるかも しれませんし、過度のストレスを受けてうつ病になり、 仕事ができなくなる人もいることでしょう。 病院勤務の場合、必ず医師が常駐していますが、 企業に医師が常駐することはまれで、ふだんの業務では看護師が 自身で判断し、適切な処置を行っていかなければなりません。

どのような症状に直面しても、企業看護師には冷静で適切な 対処を求められます。そのため、企業看護師には豊富な知識と 実務経験が必要になります。 企業で働く最も大きなメリットは「規則的な勤務時間」であること、 そして「特定の業務に専念できる」こと、「キャリアアップ出来る」 ことなどが挙げられます。

看護師の資格を取得するために、数々の努力を積み重ねてきたと 思います。企業看護師は、資格をいかし、家庭と両立しながら キャリアアップを計りる人には最適な職場だといえます。

助産師のアルバイトについて

医療の現場はもうずっと人手不足に悩まされています。お医者さまも看護師さんも人手不足ですし、助産行為を担う助産師さんについても同様です。

ですから病院や医療施設などでは、フルで働ける人材だけではなく、色々な働き方で貢献してくれる人材を捜しています。

常勤以外の助産師さん以外にも、アルバイトやパートなどで自分らしく働きたい人にも、門戸を開いている医療施設は年々増えて来ているようです。

助産師というのは女性が妊娠してから出産、出産後までの健康管理を請け負ったり、お腹にいる赤ちゃんや新生児、乳児のケア、そしてもちろん分娩時のサポートなども行う職業です。

病院に勤務する助産師さんの場合は、お医者さまの診察サポートを行いますし、助産師外来で活躍する助産師さんも増えています。

また、母親学級を開催したり、産後のお母さんたちに授乳や沐浴指導を行ったりもしますし、電話や訪問なども行い、お母さんと赤ちゃんをしっかりサポートする役割を持っています。

助産師さんは妊婦さんや赤ちゃんのためだけの職業ではありません。地域住民に性の指導や母親サポートを行うことも委ねられています。

思春期の性教育や、婦人系疾患などの相談も受け付けていますし、なかなか子供に恵まれないご夫婦のメンタルケアなども担っています。このように赤ちゃんからご年配の女性までの人生に置ける、体と心の支援を行うのが、助産師という職業の在り方なのです。

上記を見るだけでも理解できると思いますが、助産師というのはなかなかハードな職業です。命に関わる仕事ですからやりがいを覚えることはできますが、神経をすり減らしてあたらなければならない職業のひとつだと思います。

そのためご自分の子育てと仕事の両立を断念し、助産師を休んでいる方は少なくありません。ですがもし出来るのであれば、出来る範囲で助産師を続けたいと思っている方も多いのです。

そのような助産師さんに取って、アルバイトという働き方は選択肢のひとつになりうるのではないでしょうか。仕事と子育ての両立が叶えられる働き方といえます。

技術力や知識力を錆び付かせないことにも繋がりますし、何より仕事へのやりがいを感じることが可能です。

助産師のアルバイトを希望する場合は、看護師、助産師専門の求人サイトなどを利用してみましょう。平均時給は1800円から2000円ほどとなっています。自分らしく働くためにも、助産師を求めている妊婦さんのためにも、ぜひ助産師の仕事を続けていってください。

助産師と求人に関して

女性の妊娠から出産までのサポートを行う助産師さんは、お母さんと赤ちゃんの健康を支援する、いわばお産のプロといえます。

赤ちゃんを取り上げることはもちろんのこと、お医者さまの診察サポートや、妊婦さんや新生児の介助、授乳指導や母親学級など、お産にまつわる全ての事柄を細やかにカバーしていきますし、また助産師の資格を持っていれば、助産院を開業することも可能ですので、自ら経営する助産師さんも少なくありません。

助産師さんの業務と言えば出産にまつわることや、新生児や乳児の介助が目立っていますが、地域の女性の支援も行っていますし、青少年の性教育の為に学校に出向くこともあります。

医師や看護師、保健師などと連携を取り、新生児から年を重ねた女性全ての健康とメンタルのケアを担っているのが助産師という職業です。

近頃では少子化問題が深刻になるにつれて、産婦人科医を目指す人が少なくなって来ました。その為に病院を閉めるお医者さまも増えてしまっています。

産院が少なくなれば、妊婦さんたちが困ってしまいますよね。家の近所に病院がない、医療施設があっても出産の予約が満杯で受け入れてもらえない、と言ったケース…いわゆるお産難民も深刻な社会問題のひとつです。

また毎年増えつつあるのが、自分らしく赤ちゃんを産みたい、と願う妊婦さんの声です。自宅で家族に囲まれて、アットホームなお産をしたいという考え方の女性が増加しているように、妊娠や出産、子育ての形も変わって来ています。

このようなニーズに応えるために、助産師の存在意義が再び大きな注目を集めているようです。病院内に助産所や、助産師外来などが併設されるケースも、年々多くなって来ています。

一般的な雇用状況は相変わらず芳しくはありませんが、その中で助産師に置ける求人倍率は高く、売り手市場と考えれているようです。高い求人倍率ということは、就職にも転職にも、助産師が有利に進めやすいということになります。

もちろん病院によってお給料や福利厚生、勤務待遇などは大きく異なりますので、就職や転職を行う際には希望先の職場をしっかりチェックすることが求められるでしょう。

久しぶりに助産師に戻る際のブランクが悩みの助産師さんや、英語などのスキルを活かせる職場探しをしている助産師さん、家庭との両立を目指す助産師さんなどの場合は特に、看護師、助産師専門の転職サイトを利用することで、効果的に職場探しを行うことができます。上手に活用してみてくださいね。