企業看護師になりたい方は、これらの資格を持つべし!

企業看護師に転職するときに有利な資格!

社員の働きやすい環境を整えるため、看護師を雇用する企業が 増加しています。 それに伴い、看護師の転職先として注目が集まっています。

採用する側は、ほとんどの場合「即戦力になる人材」を希望しています。 そのため、看護師としての実績や専門知識はもちろん、 一社会人として周囲とのコミュニケーション能力を備えている ことは必須といえます。

企業看護師の勤務には事務の要素も関わってきますので、 一般的な事務作業をこなすことができ、基本的なパソコン操作も できるようにしておくと有利になります。 企業看護師に望まれる資格には、次のようなものがあります。

◆保健師

社員の健康管理のため、特定健診や保健指導を行う企業が増えて います。病気に罹ってからの治療よりも、未然に防ぐ「予防治療」 に力が注がれている状況は、社員が健康で仕事に打ち込めるような 体制を整えよう、という企業姿勢の表れといえます。

生活習慣病やメンタルケアなどは、会社の福利厚生としても 大切な位置を占めていますので、相談・指導が行える資格者を 求める企業が増えています。

◆衛生管理者免許

法律によって、企業の健康管理・安全衛生対策が求められています。 中小企業の場合、経営陣が自ら衛生管理者となることが多いのですが、 産業医の選任により、通常業務を受け持つ社員が兼任する ケースもあります。

◆認定看護師

特定の看護分野において高水準の看護を実践できる認定看護師の 中でも、感染予防や管理システムの構築等をおこなえる 「感染管理」の資格があると有利になります。

◆産業カウンセラー

産業カウンセラーは、働く人たちが抱える問題を心理学的な手法を 用いて援助する資格であり、主に「メンタルヘルス対策、 人間関係開発、キャリア開発」の3領域に対する援助活動を おこなっています。

産業保健推進センターで研修をおこなっていますから、 できだけ研修を受けて自己研鑚をかさねてください。 これらの資格を積極的に取得し、企業看護師としての姿勢を アピールして、企業側が求める人材にうまく響かせることが大切です。