臨床経験は長い方が有利なの?

企業看護師に臨床経験はどれくらい必要?

企業看護師になるには、応募条件として臨床経験は欠かせません。 企業側としては、一から指導をしながら育成するといった体制ではなく、 即戦力として働くことができる看護師を求めているためです。

だからといって、長ければ長いほど良い、というわけではありません。 同じ看護師という資格職ではありますが、 これまでの職場(医療施設)とは全く異なる環境で仕事をこなして いくため、高い順応性が必要になるからです。

「未経験可」という求人を出している企業もあるのですが、 その場合、事務的な要素が多く含まれてることを考慮して 応募するようにしてください。

また、人員補充として募集している企業もあります。 こういったケースの場合、経験が少なくても先輩スタッフから 指導を受けながら仕事を覚えることも可能です。 こまめに求人内容をチェックするようにしましょう。

臨床経験の内容については、注射、採血、点滴といった業務を 指していることが一般的です。ですが、企業によって求める スキルはさまざまですので、臨床経験の長短よりも、 まず先に“どういった経験が必要なのか”を確認してみてください。

傾向としては、企業内の健康管理室などに常駐しながら、 1人または少人数で全ての社員に対応するような場合、 経験豊富で即戦力になるベテラン看護師が採用されています。

企業内で働く場合、これまで病院で働いてきた看護師にとっては 特に戸惑うことが多いでしょう。

業務内容はもちろん、命令系統や管理体制、他の職員との かかわり方など、今まで積み重ねてきたスキルが多ければ多いほど、 慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

環境が異なる職場に転職するということは、誰でも勇気がいる ことだと思います。ですが、企業は今、「心身ともに社員の健康を守る」 ことを考えています。

健康を守るという点では、病院で患者さんを相手におこなう業務も、 企業で働くことについても同じです。 看護師は「求められている存在」なのですから、自信をもって アピールをおこなってください。