企業看護師になりたい方は必見です!

企業看護師に有利な前職はある?

社員が心身ともに健康な状態で仕事ができるよう、環境を整えるために企業看護師が注目されています。企業の中でそのような仕事に就く場合、看護師資格が必要不可欠になります。

企業看護師の多くは、一人または少人数で企業全体の職務をこなしていますので、ほとんどの企業で「即戦力になる人材」を求めています。求人情報をみると、「未経験可」と記載されているところもあります。

こういった場合、企業看護師としての経験が無くても可なのか、病院等での看護師経験が無くても可なのか、その企業でどのような業務内容をこなすのか、企業方針はどうなのかによって大きく変わってきます。経験内容については、事前によく確認するようにしてください。

企業看護師として働く場合、臨床経験は必須ですし、ほとんどの方が看護師として就職し、業務をこなしてきたことと思います。

看護師としての知識と経験が豊富なことはとても有利になりますが、「臨床経験をどこの職場で積めば有利になるか」といった特別な括りはされていません。必要なことは、「職場」ではなく「どのような経験をしてきたか」なのです。

「どのような経験を求めているのか」は、企業方針や業務内容によって異なりますが、求人情報に傾向があらわれています。

例えば、工場を抱える大きな企業の場合、勤務中のケガや病気に罹った際、正確で迅速な措置が求められます。こういった場合、企業看護師には臨床経験が大いに役立ちますので、医療機関でのスキルをアピールすることができます。

また、従業員のメンタルケアに重点をおいている企業も増えていますので、健康相談をおこなうことは、企業看護師の大切な仕事のひとつとなっています。

そのため、従業員が安心して話せるようなコミュニケーション能力を重視するケースもあります。こういった場合、臨床経験が少なくても採用される確率は高くなります。希望する企業がどのような人材を求めているのか、それを知ることから転職活動をスタートしてください。