訪問看護師が持っていると有利な資格とは?

訪問看護をするための資格と認定看護師

訪問看護師は基本的に日勤の仕事になりますから、再就職・転職を 希望する看護師にとって新しい職場探しの選択肢の一つになっています。

ここでは訪問看護をするための資格について考えてみようと思います。 訪問看護師になるには、通常の看護師資格を持っておれば 必要最低限度の業務はできるでしょう。

訪問看護とはいえ医療行為をすることがありますから、 看護師免許があれば医療行為ができるわけです。

訪問介護は介護に近い業務をするケースも多いですが、 これは介護の資格がなくても行えます。 しかし訪問介護のスキルをアップするために、ホームヘルパー・ ケアワーカー・ケアマネージャーの資格を勉強して取得している 意識の高い看護師もいます。

ホームペルパー資格を取得しておくと、体の介護や家事サービスに 関する知識に詳しくなります。 訪問看護でも患者様のお世話をするシーンがありますから、 ホームヘルパーの資格もとても役立つ資格だと思います。

ケアワーカー介護福祉士と呼ばれる資格は、ホームヘルパーとよく 似ている業務内容ですが、患者様の心のケア・精神的なケアをする 仕事でケアワーカーの重要な業務となっています。

ケアマネージャー(ケアマネと略されることが多い)はどのように 患者様をケアするのが良いかを決めるために設計図・スケジュールを 作成するのが仕事です。 いかにして患者様をケアしていくかを考える力が身につく資格に なります。

保健師の資格を取得していると、さらに仕事の幅が広くなります。 訪問看護における保健師の役割は、患者様が快適に過ごせる環境を 作る目的で看護師の知識を活用して健康相談を行うことです。

健康上の悩みを抱えている患者様のために、適切なアドバイスを するのが保健師の主な仕事です。 このような資格を取得すれば訪問看護の業務をより一層スムーズに 行うことができますが、各資格とも簡単に取得できるようなもの ではありません。

そして、さらなる上を目指す意欲があれば訪問看護師の認定制度に 挑戦することもできるのです。 訪問看護の認定制度は、訪問看護部門で熟練した看護スキルや 知識を有していると認められた看護師に認定される制度です。 他の看護師に対して的確な指導やアドバイスをすることができます。

以上、訪問看護をするための資格について考えてみました。 上を見れば切りがないとう感じですが、スキルアップを目指せる 道は幾つもあるのです。

ホームヘルパー・ケアワーカー・ケアマネージャーを代表とする 介護資格、保健師の資格、認定看護師の資格があれば、 更に訪問看護業務の幅が広がることになります。