専門看護師の資格を活かせる職場に転職しましょう!

専門看護師の転職で注意すべきこと

専門看護師は転職して別の病院に移っても、業務内容に差異はさほどありません。そのため、専門看護師という資格を取って、早急に転職をしなくても良いのです。ですが病院側の専門看護師への理解が思っているものと違っている場合、理解してもらえる病院へと移った方が自身のためにも良いと思います。

専門看護師はまだ数も少なく、正当な待遇ではなく持て余してしまうところがあるのです。それによって専門看護師と言う資格を実践に役立てることができません。理解がないと言うことは給与面でも現れます。

専門看護師資格を持っていれば、当然資格手当が支給され、1~2万の上積みを期待でき、中には3万以上の病院もあります。 ところが理解のない病院ですと、資格手当が全くないということもあるのです。

理解のある病院に転職ができれば、専門看護師自身だけでなく、病院にとっても価値が上がり、非常に有益です。 現場でのある程度の経験と知識があり、試験に合格して取得した資格です。病院側はその見えない価値を真剣に考えるべきでしょう。

ではどのようにして転職先を見つければよいでしょうか。 近年、インターネットで求人サイトが充実しています。その中で看護師の求人を専門に扱うサイトがあるのです。広告やハローワークよりも多くの求人情報があり、自分にあった条件のもとで検索を書けることができます。

ですが病院側の専門看護師の考え方や待遇を確認しないと、全く待遇が好転しない場合があります。サイトに表記されていることだけでなく、面接で確認をすることが大事です。

同時に働く側の専門看護師自身も、その役割に応じた実績を残していけるよう努力しなければなりません。無資格の看護師と変わらない働きであれば、給与面に反映させることはできません。

そのためには、専門看護師自身知識と経験を積み、それを後輩看護師の人材育成のための研修にあてたり、患者さんへの看護ケアとして実践したりと目に見える形で残していけば、自ずと重要な人材となりやがては給与に反映するでしょう。